More Effective Communication 野毛印刷

採用情報 Recruit
  1. HOME
  2. 採用情報
  3. 野毛印刷の事業フィールド

野毛印刷の事業フィールド

私たちは、「より効果的なコミュニケーション=More Effective Communication」を理念に掲げ、「社会・地域・生活の問題をコミュニケーションで解決する」ことをめざしています。

営業部 主任 矢口 絵梨 「形のないものを形にしていく面白さ。」

営業部 主任 矢口 絵梨私は、横浜市のお客さまや、デザイナーを中心に営業を担当しています。パンフレットやチラシなどの販促物をお客さまと打ち合わせをして、お客さまの要望に沿った仕様提案や校正、商談を重ねながら仕事をしています。
印刷物の最終目的(集客)や、印刷物を手に取るお客さまのことを考えながら、サイズ、紙の提案、予算内での対応、お客さまの要求事項プラスワン提案など「常にお客さまの立場になって考える」を心がけながら、日々営業活動をしております。

形のないものを、お客さまと社内の協力があって「形にしていく」ということに面白さを感じます。
ひとつひとつは、お客さまや自分にも思い入れがあるものばかりで「印刷物」、というよりも、「みんなで作り上げた作品」という感じがします。その「作品」が、本来の目的を達成できたらより良いのですが、それを達成することが難しいと常に感じ、試行錯誤の日々です。また、いろいろな業界のお客さまにお会いできるのも営業の醍醐味だと思っています。

「野毛印刷さん」ではなく、「矢口さん」指名でお仕事をいただけるようなお客さまとの関係を築いていきたいと思います。

工務課 主任 岩間 信篤 「きれいに作成できた予定表に達成感。」

工務課 主任 岩間 信篤工務課は、営業がクライアントから仕事を受注して、印刷物が仕上がるまでの各工程をトータルに管理しています。
受注したそれぞれの印刷物を希望納期に納品させていただくための印刷予定表の作成が私のメインの仕事。
各工程のスケジュール作成から工程のコントロールをする中で、協力会社への発注業務も行っています。仕様の変更、納期の変更、下版時刻の変更など、急な変更に苦労しながらも、柔軟な対応をとれるように努力しています。

私の仕事は、印刷工場のコントロールタワーともいえる重要な仕事です。色数や、印刷サイズ等を効率よく並べることができて、予定がきれいに作成できた時に達成感を感じます。
仕事上で特に注意していることはコミュニケーション。周囲への配慮があれば作業も円滑に流れると思うので、コミュニケーションは重要だと感じています。

総務課 担当課長 システムエンジニア 浅野 貴年 「より頼もしい会社になるよう貢献したい。」

総務課 担当課長 システムエンジニア 浅野 貴年私は、お客さま向けに提供するシステムや社内で使用するシステムの開発から、ネットワークやパソコンの保守まで、ITに関連した業務を担当しています。
ここ数年システムの老朽化という問題を抱えていました。そのため、タイトなスケジュールで並行して問題を解決しなければいけないという状況の中で、故障停止という障害を発生させることなく解決することが大変苦労しました。まだ多少残っていますが、山場は乗り切り、解決の目途がたったので、次はお客さまや社内作業改善のためのシステムを創造するためにどうすればよいか、取り組みたいと考えています。

仕事における私の達成感は2段階。まずは手がけたシステムが無事に運用され始めると、そこでひとまず達成したことを実感します。通常ですと達成感はここで終わってしまいますが、私は少し違う場面で最大の達成感を感じます。それは、使う人が想定したこと以上の満足感を得るのを、私が狙った通りに得られたときです。

実は開発する中で思いついたアイデアを隠しておくことがよくあります。それを知った人が「いいね!」と言ってくれるのですが、これがうれしくてたまりません。 最近は判断を中心とする業務の割合が多くなっています。
これまでの取り組みを評価していただいているからだと思いますが、これからが勝負だと思っています。お客さまがより幸せになるために、社内がより幸せになるために、家族がより幸せになるために、自分がより幸せになるために、より頼もしい会社になるよう貢献していきたいと考えています。

制作課制作係担当主任 大林 裕司 「日々勉強」の姿勢が大切。

制作課制作係担当主任 大林 裕司制作係は経験豊かなデザイナー、オペレーターが揃っており、企画・デザインからDTP、Web制作まで幅広い業務を行っています。
私の仕事であるデザインやDTPは、印刷物の最終データに責任を持つ仕事であるため、最終段階という自覚を十分に持ち、でき上がりのイメージを描きながら仕事に臨むことが大切だと考えています。
お客さまの意図がうまくレイアウトに表現できないときや、時間がなくて考える時間が足りないときは苦しみますし、編集ソフト等の制作環境もめまぐるしく変化するため、日々の勉強が必要だとひしひしと感じます。

時折にお客さまからお誉めの声をいただける時があります。そういう時、やりがいを感じます。自分の作ったもので、そのお客さまの「役に立つことができた」と直に感じられるからです。
またデータの時点では実感が湧かないものが、実際に印刷されて製品として手元に届いた時。これは毎回必ず達成感を感じます。「ああ、苦労して作ったものが形になったな。」と。 今後も自分の腕を磨きお客さまのご希望にかなう印刷物を作れるようになりたいです。
また、ご希望を伺った上で、さらに良くなるような部分があればこちらからご提案できるような知識と見識を身につけたいです。最終的にはトータル的なご相談ができるようになれればと思います。

印刷課 担当主任 機長 浅場 篤 「妥協せず、常に進化していきたい。」

印刷課 担当主任 機長 浅場 篤2006年に入社し、サブオペレータを経て1年後には機長として仕事を任せてもらえるようになりました。
2010年には、新しい印刷機の導入にあたりドイツへ1週間の研修に行かせてもらい、とても貴重な経験をさせていただきました。
現在はその最新鋭の印刷機「マンローランド社製8色反転枚葉印刷機 ローランド708P ダイレクトドライブ」のオペレーションと管理責任者を任されています。
高いポテンシャルと効率性で、印刷準備時間の短縮記録を塗り替えるほど優れた機械ということもあり、いろいろとまどうこともありますが、この機械の能力をフルに活用し効率をあげることと、その技術を伝えていくことが私の使命だと思っています。

私たちが日々作成している印刷物は、どれもお客さまの思いが込められたものですから、最高の仕上がりを目指して妥協せず、常に進化していきたいと考えています。また、印刷で起こる問題をすぐに解決でき、人に頼られる"職人(スペシャリスト)"と呼ばれるようになれたらと思います。

野毛印刷は、良い環境で仕事をしながら、成果が出れば評価してくれ、ダメな時は改善し自分自身を成長させてくれる会社です。
ページトップ